星降里

思いつくままにのんびりゆっくりと♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合優勝!

お正月名物、箱根駅伝。
その興奮が未だに冷めやらぬ桜です、こんばんは。


今年は2日3日最初から最後までワンセグにかじりついて見てました。

面白かった――――!!

これは携帯の小さな画面ではなく、
TVの大きな画面で見たかったとつくづく思いました。


私はかっしーのいる東洋大ファンなのですが、
その東洋大。
圧巻の走りで圧倒的でした!
なにあのメンバー、速すぎる、強すぎる!

往路新記録で優勝、復路新記録で優勝、総合新記録で優勝、
しかも区間賞6人で内2人は区間新って!!

往路は以前同じ東洋が残した記録を5分以上更新し、
復路も1分以上更新。
そして総合記録は去年早大が残した新記録を8分以上更新しました。
凄すぎる……。
しばらくは更新されることのない驚異的な記録だとコメントでありましたが、
本当にそうだと思います。
往路2位の早大記録は前年の東洋記録と2秒差、
総合2位の駒大の記録は前年の早大優勝新記録とそれほど変わらないことからも、
いかに今年の東洋が別次元だったのかが分かります。
復路8位以下の13校一斉スタートは平成に入って初(だったはず)の2桁で、
8~9区間で繰り上げスタートが発生したのも8年ぶり(だったはず)でした。
何度だっていう、凄すぎです。


東洋は去年、早大に21秒差という史上最短の差で総合優勝を逃しました。
あれは私も悔しかったなー。
そこで再び優勝の栄冠を取り戻すべく、
「1秒を削り出す」を合言葉に全員で努力したそうです。
その結果が全記録更新で2位に9分2秒差をつけるという圧倒的勝利につながった。

優勝するという気持ちや努力もそうですが、
個人的には箱根に向けて故障者がほとんど出なかったこと、
途中でブレーキがかかる選手がいなかったことも勝因の1つだと思います。


来年は柏原くんも田中くんもいない東洋ですが、
どんな走りを見せてくれるのか楽しみですv
かっしーが抜けても、
設楽ツインズを応援してるので東洋大ファンは続けます(笑)



途中から東洋の優勝は見えていましたが、
それ以外にも見ごたえがありました。
駒大・明大・早大のデッドヒートは燃えたし、
復路13校繰り上げスタートで実際の順位と見た目の順位が違うシード権争いも面白かった。
凄かったなー。
あと9区での神奈川大・鈴木くんのギリギリタスキリレーはハラハラしたし泣けました。
つながって良かった!!


あ、あと、体調不良でほとんど走れなかったにも関わらず、
意地で5区を走破した東農大の津野くんには感動しました。
だから最後まで自タスキがつながったのだし、
6・7区の東農大のあの激走があったんじゃないかと思います。

10区、中央大・塩谷くんのラストスパートも凄かったです。
足を痛めて引きずってたのに。


ここまで書いたのに全然書き足りません。
恐るべし、箱根駅伝。

またどこかで記事に書いてたら、
どうぞ温かい目で見守ってやってくださいね(笑)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事

FC2ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。