星降里

思いつくままにのんびりゆっくりと♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴船・鞍馬ツアー

貴重な休みに風邪を引いている桜です、こんにちは☆
やっぱり風邪でした。
熱はいつもの微熱程度なので、
なんら行動に差し支えないのが救いです。


さてさて。
同僚5人組みで行ってきました、貴船・鞍馬ツアー。
風邪でふらふらだったので、
家を出る直前まで行くべきかやめるべきか迷っていましたが、
ルートすら全員知らなかったらどうしよう!と思い、
参加することに。


AM9:00 阪急組が梅田に集合。遅刻者なし。優秀!
AM10:00 京阪組と祇園四条にて合流。こちらも遅刻者なし。素晴らしい。

AM11:10 京阪→叡山電鉄と乗り継いで、鞍馬に到着。
110506_1113~01
鞍馬駅ではさっそく天狗様がお出迎え。
大きい!!
110506_1114~01
天狗の鼻に折れた跡があるのはご愛嬌。
駅の裏手(大変目立たない)には天狗と牛若丸の写真撮影パネル(顔がくり貫いているやつ)がありますv

駅から数分歩いたら仁王門です。
110506_1118~01
遠くからの撮影でわかりにくい…;
仁王門近くの修養道場。旅館かと思った。
110506_1123~01

AM11:30いよいよスタート
さて、ここから中に入っていくわけですが、入場料で200円お支払い☆
ついでに遮那王(牛若)のスタンプをぺたんとな。
ひたすら歩くので靴や服装は動きやすいものがよいです。
あと、ここは狛犬が虎なのも注目ポイント!

普明殿を通過。(多宝塔へはここからケーブルに乗ります)
由岐神社(天狗御籤があったのはここ?)~義経供養塔~いのち(どこの宗教かと思うようなシンボル。苦笑)を通過。
そして九十九折参道。
名前の通りくねくね。真っ直ぐつっきりたい!
途中にあったものだけど、位置を忘れた↓
110506_1132~01
竜のクオリティが…。どこかコミカル。
110506_1132~02

中門を通り、階段を上りに上って本殿金堂。
PM12:00過ぎ頃に到着。
110506_1208~01
ここはパワスポらしいですよ。
力が1番集まると言われる本殿の正面は人が並んで順番待ち(笑)
「オラに力を!」みたいなポーズの人がちらほら。
絶景を眺めながらしばし休憩。
110506_1223~01
これ見て同僚が「棒倒ししたい」とか言ってましたが、
内心全く同じことを思ってました!(←え)

門を抜けるとここからはどんどん山道になっていきます。
霊宝殿~冬柏亭(与謝野晶子が暮らしたらしい)を通り、
息つぎの水(牛若丸関連)へ。雨が少ないせいで残念ながら水が止まっていました。
屏風坂の地蔵堂を過ぎるとしばらく観るものがなくなります。

時に無言になりながら必死に坂道を登ります。
豆情報ですが、鞍馬~貴船ルートより、貴船~鞍馬ルート(つまり逆)のほうがキツイそうです。

大杉権現(立派!)があり、義経堂へ。
110506_1246~01
周りに人がいなければ、純粋な同僚に「あ、天狗!」とどこかで在らぬ方を指差して叫んでやろうと企んでましたが、
常にほかの観光客がいたので断念…。あー無念。

途中から下り道になり、奥の院魔王殿に到着!
ここまででだいたい2kmの道のりです。
本殿に『石灰岩1』という案内札があったのですが、
まさかのここ(=魔王殿)で2と3を発見。
遠すぎるよ!
たいていの人は気づかないよ!

あとはひたすら下りに下って貴船に感動のゴールです。
雨が降った後はすべりやすい道なので注意が必要。
ゴール↓
110506_1311~01
だいたい2時間くらいかかりました。


貴船ではご飯を食べて、
110506_1330~01
川床を見て、
110506_1348~01
貴船神社で水占をし、
同僚が恋愛祈願をしたいということで中院まで行き、
奥院までの体力は残ってなかったので、
そのままUターン。
貴船口までバス(160円)で戻って河原町まで出ました。

その後はみんなでお茶をしたのですが、
風邪が悪化したのか見事にぐったり…。
でも楽しかったです!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。