星降里

思いつくままにのんびりゆっくりと♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『青木学院物語』

今日も本のご紹介です☆
最近の通勤のお供である小説、
山口小夜さん作・『青木学院物語』です。
文庫化されたおかげで、いつでも持ち歩けてとっても嬉しい♪
青木学院物語 (アルファポリス文庫) 青木学院物語 (アルファポリス文庫)
山口 小夜 (2007/07)
アルファポリス



さて、この物語については何度かブログ上で触れてきましたし、
旧ブログの過去記事をいずれここでもUPしようと考えているので、
今回は感想文のご紹介です☆
去年出版されるやいなや友人知人に勧めまくり、
みんな絶賛してくれた青木を、
ついに香穂が手に取りました!
わーい、パチパチ★
そして香穂のブログ<ニライカナイにて>にて、感想文を書いてくれました。
その記事へのリンク可ということでしたので、ぜひお立ち寄りくださいませv
こちらからどうぞ☆

彼女の感想にこんな文があります。
世界は自身だけでは輝くことができない。
なぜなら、世界は世界でしかないから。
世界が輝いて見えるのは、見ているこどもが輝くことを知っているから。
輝いているものを知っているから。

そう、そうなんですよね。
世界そのものが輝くことはありません。
輝いて見えるのは、輝く存在があるから。
思わず頷いてしまった感想でした。

私はすでに「大人」の枠に含まれる年齢です。
こどもにしか得られない輝きは、もう私も香穂も掴むことはできません。
けれど、世界がこれからも輝き続けるように追い求めることはできます。追い求めています。
なぜなら、こども時代の輝きはこども特有のものであっても、
輝きはこどもだけのものではないからです。
そして私たちだけでなく、友人、知人、同僚など、「大人」になってもなお夢や目標のために足掻き続けている人たちはたくさんいます。
輝くために足掻き続けている彼らですが、その姿こそ輝いているのだと思います。

話が反れましたね…;
まだ『青木学院物語』を読んだことのないかたは、この機にご覧になってみてください。
輝きを思い出したいあなた。
大切な時代(とき)を忘れたくないあなた。
元気をもらいたいあなた。
時間を経てもなお、朽ちるどころかますます輝きを増す存在を知りたいあなた。
こども時代に戻りたいあなた。
どうぞ、この本を手に取ってください。

Comment

お久しぶりでっす

こんばんは。出ましたね。文庫本♪
子供時代を「黄金時代」と言う方もおられますが
世界を黄金だと感じる子供ならではの感性の賜物ですね。

(アラ。何を言いたいの?私?)

ところで、雑誌・関東1weekで「青木学院物語」が紹介されたようですね♪
関西のこの手の雑誌をみてみたのですが、見つけられなくって…。トホホ。
sakuraさん、なにかご存じないですか?
  • posted by カーチン2003
  • URL
  • 2007.08/04 21:30分
  • [Edit]

お久しぶりです~

カーチンさんなら、今でも世界は輝いて見えそうです☆

雑誌。
私も探してみたのですが、やはり見つけられませんでした…;
残念ー!
でも、書店で平積みにされてた文庫本をしっかり携帯で写メってきました(笑)


そうそう、カーチンさん!
予定が合えばでいいのですが、
夏期休暇の間にぜひとも遊びに行きたいですっ!!
あ、でも東京に行かれるんでしたっけ??
  • posted by 桜
  • URL
  • 2007.08/05 14:36分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2007.08/06 16:44分
  • [Edit]

わーい☆

空いている日程があれば教えてください☆
……と、ここで連絡するのは何なので、
メールしますね!
燈花祭~。
素敵な響きです。
私が行くまでやってるかなっ。(どきどき)
  • posted by 桜
  • URL
  • 2007.08/06 21:09分
  • [Edit]

桜さん 香穂さん ありがとうございます!

『青木学院物語』のタイトルで、本を出すことができたこと。
こうして皆さまのあたたかい応援をいただけること。
私は今、本当に至福という言葉に思いを致しています。

どこにでも、青木学院は出現するんだな・・・って思います。
ほら、桜さんのブログにも。
みんなが青木のメンバーを引き継いで、毎日元気に
駆け回ってる。たとえ大人になっても、ね☆

桜さんと、桜さんのお友だちの少女時代を、少年時代を、
それに続く今を思います。
そして、青木学院のメンバーとご縁をいただければ、この
上なく嬉しく思います。どうぞこれからもよろしくお願い致し
ます。

桜さん、ありがとう。
私は今しあわせです。
『青木』を書いて、よかった。

  • posted by 山口小夜
  • URL
  • 2007.08/08 15:34分
  • [Edit]

ブログに書いてもいいですか?

こんにちは~。
sakuraさんと会えると思うと地に足が着きません。
(といわれても…ですね?)
ところで、ブログにsakuraさんとお会いできることを書いてもよろしいでしょうか?

青木は

小夜子さん>
おこがましい言い方ですが、もはや私の一部です。
小夜子さんが青木を物語にして、それをネットで公開しようと思って下さらなければ、
私は出会うことができませんでした。
だから、私こそ「ありがとう」と言いたいです☆
そして、小夜子さんや楓、青木のみんなと出会えてとっても幸せですv

次は鳥取の書籍化を実現させましょうね♪
  • posted by 桜
  • URL
  • 2007.08/09 23:18分
  • [Edit]

ご対面~

カーチンさん>
モチロンです☆
センセーショナル性はありませんが(笑)

さくさくと計画が進んでいますねv
お会いできる日が待ち遠しいです~~!!
  • posted by 桜
  • URL
  • 2007.08/09 23:21分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事

FC2ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。