星降里

思いつくままにのんびりゆっくりと♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕はきみの道を作るよ」

寝不足&早起きで頭が正常に働かない(←働いてないのはいつものこと)桜です、こんばんは。

寒いですねー;
今週の天気予報をチェックしたら、気温の低さに慄きました。
生き延びれるか、私?!(←大袈裟)


先週の金曜、お休みを貰って舞台を観に行って来ました!
ずっと楽しみにしていた劇団☆新感線の『蛮幽鬼』です。

以下、別ブログの記事を一部使い回ししてます(笑)
あちらではネタバレに気をつけましたが、
こちらではネタバレ含みますのでご注意ください。



あらすじ
自国より進んだ文化を学ぶため、異国に留学した4人の若者たち。
その留学先で、1人が何者かに殺された。
共に留学していた2人に裏切られ無実の罪で投獄された土門は、
殺された親友・調部の仇と自分を陥れた2人への復讐を誓う。
一度入ったら二度と出られない監獄島で、土門は謎の男・サジと出会い、
投獄されてから10年後、脱獄して復讐を果たすために国へと戻った――――



始まってから最初の30分(くらいかな?)は舞台セットの面白さと上手さに感激してました。
とにかく舞台セットが動く動く。
始めから終わりまでよく動きます。
欄干で語り合う場面から室内へと変わるとき、
穴を掘って地下道へと進んでいくとき、
特にこの2つの場面での舞台セットの動きが本当に見事です。
スタッフにとって可動式舞台セットは何かと大変だけれど、観客としては楽しいです。

それから、けっこう頻繁に役者が客席を通っていきます。
舞台上だけでなく、客席の空間までもまるっと使ってました。
あれは、テンション上がりますね(笑)
上川さんと堺さんが通るたび、ガン見です。
ただ残念なことに使用通路と席が反対だったので、本気でオペラグラスの購入を検討しました。
次観劇予定の舞台も席がよくないので、ここらで高倍率のものを買っておいてもいいかもしれない。
オペラグラスってどこで売ってるんでしょう……。

見所のひとつである殺陣もしっかりあります。
それもメインとなる登場人物のほとんどに見せ場があります。
主役の上川さんは経験者で慣れているだけあって上手い。
新感線メンバーは言うまでもなし。
堺さんは最小限の動きで圧倒的な強さを表現しなければならないので、特に難しかったと思います。

これも忘れてはいけません。
新感線と言えば笑いとアドリブ!
ストーリーはシリアスで重いのに、必ず爆笑するほどの笑いを入れてくるところが素敵です!
毎回違うアドリブには脱帽です。すごい。しかも面白い。
地元(地域)ネタや時事ネタもどんどん投入されるので、油断できません(笑)

『蛮幽鬼』のキャスティングは『SHIROH』に並ぶくらい適役揃いです。
はまり役ばかり。
上川さんは主役の土門で、誠実で優秀な好青年が裏切りによって復讐鬼に変わっていく様を鬼気迫る演技で魅せてくれます。
堺さんは無邪気なほどの笑顔で躊躇いもなく人を殺していく殺し屋・サジ。
優しげなのにどこか含みのある笑顔は恐ろしくて素敵です(笑)

もーね、上川さんがカッコよくて、堺さんが素敵なんですよ!!(力説)
役が合いすぎ!
劇全体の出来としては満点とはいかないのですが、
早くDVDが欲しいです。

テンション上がってきたので、これから堺好きな子と語り合ってきます(笑)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。