星降里

思いつくままにのんびりゆっくりと♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野旅行1

足の痛みはほとんどないのに、しっかり足首は腫れ上がっている桜です、こんばんは!
昨日まで腫れてただけなのに、今は内出血してるのはナゼ…(汗)

と書いた日から数日が経ちました。
腫れはだいぶ引きましたが、まだ負荷がかかると痛みます(泣)


さて。
連休の最初の2日を使って旅行に行ってきました。
旅先はずっとずーっと行きたかった世界遺産の地、熊野古道@和歌山!!

ことの始まりは職場で同僚が「熊野古道行ってみたいなぁ」と呟いたことでした。
それを聞いた別の人が「行きたい~」と言って、
PCに向かいながらその会話をしっかり拾っていた私が「私も行きたいですー」と手を挙げたことで実現
しました。

旅行プランはオリジナルで1泊2日。
同僚が知り合いの旅行会社の方にプランを作って頂いたのです。
(当初より予算が1万ばかり増えちゃったのですが、それでも実はお得だったことを知ったのは当日)

3月19日
出発は朝7時半@新大阪。
バスが祝日ダイヤルのおかげで、家を6時過ぎには出る必要があったため早起き。
ちゃんと起きれるかどうか大変不安だったのですが、なんと4時半には目が覚めました。
(修学旅行を楽しみにするこどもか!)
早起きし過ぎて、新聞配達のお兄さん(?)のお仕事ぶりが玄関から伝わってきました。
外はあいにくの雨。
午後からは晴れるということだったので、天気予報が当たることを祈りつつ支度。
新大阪には7時前には着いてしまったので、ドトールで優雅に朝食。
と言いたいところですが、連休初日ということですごい人混みで、賑やかな中でひとり黙々とサンドウィッチを頂きました。
う~、みんな朝から元気だ……・。

ホームで同僚のKさん(京美人v)と合流して特急くろしおへ。
初のグリーン車。
快適です。素晴らしいです。座席が広い!
自由席の長蛇の列を横目に、悠々と指定席に座りました。
途中の駅でもうひとりの同僚と合流。
その頃には窓の外には青空が広がり始め、ホッと一安心しました。

紀伊田辺駅で下車して、駅前に広がるなんとも言えない景観に懐かしいものを感じつつ、バスへ。
ここから50分の旅でした。もちろん熟睡。
乗客はみな古道が目的なのか、誰も彼も似たような格好でした。
終点の来栖川で降りて、そこで語り部さんと合流。
そう、今回の熊野古道には語り部さんが同行してくれたのです!

まず熊野古道がどういうものかを語り部さんに簡単にお話して頂いたあと、
みんなでウォーミングアップをして、
そしていよいよスタート!
本来は神域のはじまりである滝尻からスタートするようですが、
私たちは来栖川からでした。
初っ端から急坂。
傾斜何度あるのというくらいの坂で、
最初の5分で「私ダメかも…」と早くも不安を抱きました。

汗だくになって坂を上りきったところは展望台。
すごくいい眺めでした。
KICX1948_convert_20090325224115.jpg
ここでお昼(おにぎりとみかんv)を食べて、
ここから実際の熊野古道へと入っていきます。

と、その前にスタート地点にある高原熊野神社にお参りしました。
KICX1953_convert_20090325224200.jpg
鮮やかな朱塗りで、中国伝来の神社だったらしく、壁に武将(?)の舞う姿が描かれていました。
ご神木の杉(?)の木。
樹齢1300年くらいとのこと。
(?ばかりで申し訳ない…)
KICX1949_convert_20090325224232.jpg


苦難の道は始まったばかりなのですが、
続きは次の記事に書きます☆

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事

FC2ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。