星降里

思いつくままにのんびりゆっくりと♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』

今日は会社を休んでしまった桜です、こんにちは。
朝起きた時点でダメだ…!と思いお休み。
午後になってちょっと回復しました。

おとなしくしておけばいいだろうと、
こうしてPCに向かっております。(←え)

先週の金曜日、会社を早退してキャラメルボックスの舞台を観に行ってきましたーv
徐々にキャラメルの観劇ペースが短くなっております。
これはあれですね、香穂という同伴者っつーか巻き込み要員ができたことが理由だと思われます(笑)
この調子で今後ともよろしく(笑)

演劇集団キャラメルボックス2008年クリスマスツアーの作品は、
君の心臓の鼓動が聞こえる場所
『雨と夢のあとに』『てるてる明日』に続く三部作の最後の一作です。
主人公を演じるのは、先二作品のテレビ版で主人公を演じた黒川智花ちゃんv

《あらすじ》
根室典彦はテレビの脚本家をしている。
そんな根室の元に、クリスマス間近のある日、突然娘のいぶきがやって来る。
14年ぶりの思わぬ再会に驚く根室。
記憶にある5歳までの娘の面影がまったくないいぶきは、
「私、小説家になりたいの。出版社の人紹介して!」
と父親に自分が書いたという原稿用紙を差し出した。
あまりにも記憶と違ういぶきの態度に戸惑いつつも、
それでもずっと会いたかった娘との再会は人生最高のクリスマス・プレゼントだった――――


この3部作、共通点は智花ちゃんだけでなく“幽霊”もテーマです。
今回も絶対に絡んでくる幽霊。
薄々気づいてはいたのですが、でも私の読みとはズレてて、
「ああっ、そうきたか!」とラストで思いました。
さすがキャラメル、捻りが違います。

そして今回の舞台はいつも以上にコメディ要素が強かったです。
もー笑える笑える。
何度笑ったかわかりません。
前説からずっと笑いっぱなし。
台本どおりのボケ、アドリブ、パクリ、ハプニング。
生の舞台の醍醐味です☆
特に岩見沢演じる筒井さんと、砂川演じる大内さんは面白すぎ。
あと、やたらと噛む人が多かったカミカミデーで、
あれ、ひとりが噛むと周りもつられちゃうんですよね(笑)

ラストが近づき涙を誘う感動シーンにまできっちり笑いを入れてくるのがキャラメル。
もう、泣けばいいのか笑えばいいのか(笑)
それもキャラメルの特色のひとつです。

テンポのいい演技にスピーディな展開に客席との(心理的)距離が近いキャラメルの公演。
次は名古屋→東京だそうです。
興味のある方はぜひ!


来年の公演はどれも観たいものばかり!
全5公演中4公演は知っているという素晴らしさ♪
どれも好きなんだよな~。
巻き込まれ要員の香穂がキャラメル貯金をしてくれるらしいので、
2009年キャラメルイヤーを存分に堪能したいと思います☆

Comment

そうか

巻き込まれ要員だったのか…っ(笑)
前作も今作も私が行きたいと言い出してたから、てっきり巻き込むほうかと思ってたヨ☆
実は裏で作為的に意識操作されてたのね私!
そうかそうか。

キャラメル貯金ね。しないとね。
でもその前に桜さんは体調管理しっかりね!
そーゆー私も本気で睡眠障害かと悩みつつ頭痛に悩まされてますけどね(涙)

お互い健康でいようね!
  • posted by 香穂
  • URL
  • 2008.11/17 22:32分
  • [Edit]

いやいやいや

意識操作って、香穂。
しかも作為的って。
どんだけ悪どいの、私(汗)

今、あくどいと打って「昌暉」と変換されたのには驚いたわ……。
むしろ数少ない良心の人なのに(笑)

キャラメルの舞台は、1度連れてったら絶対好きなるだろうと思ってねv
その内、香穂が「観たいー」って言わなくても、
「ほら、行くよ」と私が誘うわけです。
「行かない?」じゃなくて「行くよ」って決定してるところがポイント☆

健康管理かつ貯金。
あら。来年の目標ができたね(笑)
  • posted by 桜
  • URL
  • 2008.11/18 21:49分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事

FC2ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。