星降里

思いつくままにのんびりゆっくりと♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書備忘録

この土日は引き篭もりで読書をしようと決め、
金曜の夜から本を読み出し朝まで読んで、
起きたのは夕方というダメっぷりを遺憾なく発揮している桜です、こんばんは。

ちょくちょくコメントさせて頂いている創作小説のサイト様から、
いつも面白いコメントをありがとございますと言われ、
んー、面白かっただろうかと首を傾げております。
確かに自分で自分のコメントにツッコミを入れてはおりますが(笑)
むしろ意味不明なテンションのコメントについて来てくださるS様が素敵ですv


さて、今回の備忘録は谷瑞恵さん特集で!
伯爵と妖精シリーズとはまた別ですよ☆

表紙を並べると面白いので、現在刊行されている3冊を並べてみました↓

花咲く丘の小さな貴婦人―寄宿学校と迷子の羊 (コバルト文庫)花咲く丘の小さな貴婦人―寄宿学校と迷子の羊 (コバルト文庫)
(2006/12/22)
谷 瑞恵

商品詳細を見る

最初は主人公であるエリカを囲む、三人の少年ズ。

花咲く丘の小さな貴婦人 林檎と花火とカエルの紳士 (コバルト文庫 た 16-31)花咲く丘の小さな貴婦人 林檎と花火とカエルの紳士 (コバルト文庫 た 16-31)
(2007/10/01)
谷 瑞恵

商品詳細を見る

まず1人消え…。
見守り役であるユージーンが消えました(笑)

花咲く丘の小さな貴婦人 それは青いすみれの季節 (コバルト文庫 た 16-35)花咲く丘の小さな貴婦人 それは青いすみれの季節 (コバルト文庫 た 16-35)
(2008/07/01)
谷 瑞恵

商品詳細を見る

2人消え…。
最大のライバル(?)と思っていたロジャーも消えました。
残ったのはヒロインとジェラルド。

以上、表紙で分かる恋愛事情(笑)


舞台はイギリス19世紀末。
女の子は花嫁修業で十分とされていた風潮の中、それ以上の教育をと、大学が女子の入学を受け入れる動きが広まり、寄宿制の女子校が設立され始めた時代です。

《あらすじ》
イギリス人の父と日本人の母を持つエリカは、両親を失い唯一の身寄りである祖母に会うため、
父の故郷であるイギリスへとやってきた。
ところが、父の階級を知らず、しかも日本人の血が流れているエリカは祖母に会わせてもらえない。
家に相応しい貴婦人(レディ)になれば祖母に会えるだろうと決意したエリカは、祖母の知り合いが校長を勤める寄宿制の女子校に入り、レディとしての教育を受けることに。
ところがその女子校にはエリカを含む3人の生徒しかおらず、しかも男子校が隣接する変わった学校だった――――


主人公のエリカは、両親の元自由奔放に育てられ、既存の枠に囚われない快活な女の子。
目の前に壁があるなら平気で乗り越えて行くし、各国を旅行して回った経験のおかげで文化や風習の違いを理解しつつ、その中で自分らしさを失わない前向きなヒロインです。
イギリスの階級社会や慣習を知らないエリカは、自分が思うままに行動するため学校の中でなにかとトラブルを起こします。
周囲はそんなエリカを変わり者扱いしますが、結局は振り回されて巻き込まれることに。
それがとにかく面白いですv

1巻の表紙を飾った男の子3人は。
ロジャー:王子様(笑)
プラチナブロンドの綺麗な子で、体が弱くよく1人で静かに読書をしている。頭がめちゃくちゃいい。
誰とも関わらない独りを好む少年だが、偶然出会ったエリカと友達になる。
ジェラルド:ガキ大将(笑)
監督生をつとめる男子校のリーダー格の少年。短気で気性も荒いが、面倒見はよく下級生から慕われている。
最初はエリカをトラブルメーカーとみなしていたが…。
ユージーン:調停役(笑)
ジェラルドと同じ監督生で、親友。
穏やかで優しい物腰の少年。強引なジェラルドをなだめフォローしている。


話はけっこうベタベタですが、読みやすくて面白いです。
イギリスには欠かせないマザーグースも出てきます。
伯爵~とはまた違うサイドの英国物語。
テーマはボーイ・ミーツ・ガール。
興味を持たれましたらぜひ☆
偉そうで鼻っ柱の強い男の子が元気な女の子に振り回されるのが好きという人には特におススメです(笑)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事

FC2ブログランキング

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。