星降里

思いつくままにのんびりゆっくりと♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『嵐になるまで待って』

土曜日。
香穂とキャラメルボックスの舞台を観に行ってきました。
観劇は約1年ぶり。

演劇集団キャラメルボックスは年に4回ツアーを行っていて、
今回はサマーツアーでした。
タイトルは『嵐になるまで待って
以前に舞台案内のハガキを受け取ってから、興味があったものです。

《あらすじ》
主人公ユーリは声楽を幼い頃から習っていたが、自分の声が嫌いで歌手になることを諦めた女の子。でも特徴的な声を生かすために、コンプレックスを武器にするために、声優を志望していた。
初のオーディションで見事合格したユーリは、顔合わせの日、有名な作曲家である波多野と出会う。
そこでとある出来事から波多野と俳優の高杉が言い争いを起こした。
「やめろ!」と高杉に叫ぶ波多野。
けれどユーリにはその時もうひとつの声が聞こえた。

なぜ、ふたつの声が同時に聞こえるのだろう。
なぜ、私にだけ聞こえるのだろう。

不安に陥るユーリは波多野を恐れるようになるが、
その波多野からある日呼び出されて――――



途中で先は読めてしまいましたが、テンポの速さと織り込まれる笑いは絶妙。
相変わらずの面白い舞台を堪能しました。
しかし全体的にキャラメルのほかの作品と比較すると脚本の質が落ちる気がしました。
単に個人の好みの問題なのかもしれませんが、私としてはイマイチ物足りなかった。
この舞台の鍵となるのは『声』なのですが、その設定を上手く活かせてなかったのと、
主人公であるユーリのキャラが薄かったと思います。
ユーリにずっと違和感を抱いていたためか、舞台にのめり込むことができなかったのが残念。

次はクリスマスツアーですが、こちらはベテラン陣が多く出演するので楽しみです☆
現代物が続いているけど、特色のひとつである時代物はいつあるんだろう…。


さて。演劇を観に行く前に買い物をしました。
来月行われる友達の結婚式で着る服を探してきました。(←今頃!)
パーティー用のドレスにするか、普段も使いまわしの出来るワンピースにするか迷っていたのですが、
香穂のセンスを信じてアドバイスどおりに選んでみました(笑)
私自身が服やお洒落にまったく無頓着なためか、何買っていいのかわからないんですよ。
もうね、この買い物が楽しくて!(笑)
店員がふたりいるんだよ。お店の人と、香穂と。
「これは無理だ!」という私の叫びはどこへやら、試着室に押し込まれたり(笑)
スカートなんてバイトの制服以来何年も穿いていないので、もう恥ずかしくて恥ずかしくて。
着たら一回外に出るのが嫌で大騒ぎしてしまいました。
私が試着した店の店員さんごめんなさい。

結局サテン生地のワンピースを買いました。
香穂、お付き合いありがとう♪
あと揃えなきゃいけない靴とバッグを今日見に行こうと思っていたのですが、
ひとりだととことん出不精なワタクシ。
こうして家におります(←待て)
明日は雨のようなので当然外出する気はありません。
ってことは来週末ですね。
会社が梅田という素敵な場所にあるので、会社帰りに行けよとも思うのですが、
どうも仕事後は気力がないダメっぷり。
うん、やっぱり週末になりそうです。
気力も体力もなさすぎです(苦笑)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事

FC2ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。